様々な形状|フィラリア予防の大切さを学ぶ|おやつタイプの治療薬でしっかり予防

様々な形状

ピンクの薬

フィラリア予防薬は多くのメーカーから販売されていますし、形状もバリエーション豊富です。飼い主が使いやすいものや、ペットの性格に応じて形状を選ぶことができますので、無理なく服用を続けることができるでしょう。
ここでは、一般的にどんなフィラリア予防薬があるのか紹介します。

基本的にペット用の薬も人間と同じように錠剤や顆粒タイプがあります。薬を抵抗なく服用できる犬であれば、こうした形状の予防薬を選ぶと良いでしょう。
ただ、お薬が苦手…という犬であれば錠剤や顆粒よりもチュアブルタイプがよいでしょう。チュアブルというのは見た目もニオイもお肉のような感じになっています。そのため、犬も薬ではなくおやつと思って服用できます。

しかし、ペットによっては経口投与タイプの薬が全般苦手という場合があります。
飼い主の前ではちゃんと食べているのに、よく見ると見えないところで吐いているということもあります。こうした場合にはスポットオンタイプのフィラリア予防薬にしましょう。スポットオンタイプというのは皮膚に直接塗布するものです。液体を肩甲骨あたりに塗布するだけで全身に効果が広がるようになっています。スポットオンタイプは、フィラリア予防だけではなく、ノミやダニの予防効果もありますので一石二鳥です。

このように、フィラリア予防薬といっても様々な種類があります。
ペット用の医薬品を販売している通販サイトでも様々なフィラリア予防薬が販売されていますので、使いやすい、服用しやすい薬を選んであげましょう。